2010年04月27日

社会保障充実は景気刺激に有効か=学者中心に議論再開−財政審(時事通信)

 昨年9月の政権交代後、休止状態だった財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は26日、総会を開き、約1年ぶりに議論を再開した。まずは、社会保障充実が景気に好影響を与えるか、経済専門家の立場から検証する。会長には、西室泰三東京証券取引所グループ会長に代わり、吉川洋東大大学院教授を選出した。
 菅直人副総理兼財務相は会合の冒頭、「経済成長と財政健全化を両立する道筋を見いだす議論をしてほしい」とあいさつした。
 自民党政権下での財政審は、学者や産業界など幅広い分野の有識者で構成。年2回、建議(意見書)を提出し、予算編成に大きな影響を与えていたが、「政治主導」を掲げる鳩山政権では、「あり方を見直す」として開催を見送っていた。今後は、委員を財政や経済を専門とする学者などに限定し、専門的な立場から政策効果の分析や論点整理などを担う。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

亡き息子に捧ぐ4首 JR脱線事故遺族 歌集を自費出版(産経新聞)
同居女性の男児暴行=傷害容疑で25歳男逮捕−三重(時事通信)
<温室ガス>削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算(毎日新聞)
ファミマにレインコート強盗11万円奪う 兵庫・姫路(産経新聞)
規格外野菜 2〜5割安 ジャスコ野田阪神店(毎日新聞)
posted by フジヒラ カナメ at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。