2010年04月27日

社会保障充実は景気刺激に有効か=学者中心に議論再開−財政審(時事通信)

 昨年9月の政権交代後、休止状態だった財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は26日、総会を開き、約1年ぶりに議論を再開した。まずは、社会保障充実が景気に好影響を与えるか、経済専門家の立場から検証する。会長には、西室泰三東京証券取引所グループ会長に代わり、吉川洋東大大学院教授を選出した。
 菅直人副総理兼財務相は会合の冒頭、「経済成長と財政健全化を両立する道筋を見いだす議論をしてほしい」とあいさつした。
 自民党政権下での財政審は、学者や産業界など幅広い分野の有識者で構成。年2回、建議(意見書)を提出し、予算編成に大きな影響を与えていたが、「政治主導」を掲げる鳩山政権では、「あり方を見直す」として開催を見送っていた。今後は、委員を財政や経済を専門とする学者などに限定し、専門的な立場から政策効果の分析や論点整理などを担う。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

亡き息子に捧ぐ4首 JR脱線事故遺族 歌集を自費出版(産経新聞)
同居女性の男児暴行=傷害容疑で25歳男逮捕−三重(時事通信)
<温室ガス>削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算(毎日新聞)
ファミマにレインコート強盗11万円奪う 兵庫・姫路(産経新聞)
規格外野菜 2〜5割安 ジャスコ野田阪神店(毎日新聞)
posted by フジヒラ カナメ at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

<両さん銅像>亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て (毎日新聞)

 東京都葛飾区の亀有中央商店街にある人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の主人公・両さん(両津勘吉)の銅像が壊された事件で、商店街関係者らが21日、包帯で応急手当てを施した。「もういじめないで」と、地元有志が夜間パトロールも始めた。

 壊されていたのは、両手にマラカスを持っていた「サンバ両さん」という銅像。JR亀有駅周辺の商店街や区が協力して3月に設置したばかりだったが、今月18日、左のマラカスが根元から折られているのが見つかった。

 地元住民たちは「粘着テープでも良さそうだけど、両さんは商店街の仲間だから包帯で手当てした」という。銅像は今月中に修復される予定。【山田奈緒】

【関連ニュース】
アートナイト:一夜限り 街は美術館 東京・六本木
博多火災:被災ラーメン店1週間ぶり再開
火災:早朝、福岡名所の博多川端商店街で9店舗焼く
掘り出しニュース:「本荘ハムフライ」復活を 商店街店主ら意気盛ん
掘り出しニュース:案内は“三国志なりきり看板” 商店主ら登場−−神戸・長田

<高速道路>新料金、見直し 小沢氏異論、政府公表覆す 「決められない政権」深刻(毎日新聞)
「陸山会」事件で民主、検察審査会の判断注視(読売新聞)
需要予測の統一モデル構築へ=調査手法見直しで検討委−国交省(時事通信)
事業仕分け第2弾、151事業が対象に(読売新聞)
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦(産経新聞)
posted by フジヒラ カナメ at 04:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

介護職員処遇改善交付金の恒久化を−連合会長(医療介護CBニュース)

 民主党の「国民生活研究会」(中野寛成会長)は4月16日の総会で、連合の古賀伸明会長を招き、連合の政策提言についてヒアリングし、意見交換した。古賀会長は「介護保険制度は人材不足で、崩壊の危機にある」との認識を示した上で、「時限措置である介護職員処遇改善交付金の制度と財源の恒久化が必要だ」と強調した。
 
 この日の総会は、同研究会が夏の参院選マニフェストの雇用分野での方針を固めるために開催した。昨年の衆院選マニフェストで民主党は、「介護労働者の賃金を月額4万円引き上げる」と明記している。介護報酬は、昨年度のプラス3%改定により月額9000円増加。これに加え昨年10月、1人当たり賃金を1万5000円引き上げるために介護職員処遇改善交付金の制度がスタートしたが、11年度末で終了する。  

 連合はこのほか、政策提言で医療や介護分野について、▽勤務医・看護師の不足や偏在を解消するために政府、自治体が必要医師数などを定め、適正配置への協力を義務付ける▽勤務医の働き方の改善による離職防止や潜在看護師の活用▽介護サービスにおける医療(類似)行為について議論を進め、一定条件での行為を可能にする-などを提案している。  

 古賀会長は、「私たちも参院選は、まさに政権交代の仕上げとして、全力を挙げていくことをお誓いする」と付け加え、連合の提言がマニフェストに強く反映するよう求めた。


【関連記事】
医師養成数目標の見直しで合意−民主党第二分科会
混合診療解禁などで意見交換−民主党国民生活研究会総会
医療分野の素案明らかに−民主党参院選マニフェスト
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会
介護職員の処遇改善は実現するのか―2009年重大ニュース(2)「介護報酬改定と介護職員処遇改善交付金」

河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)
喫煙やめたい人集まれ!神奈川県が「卒煙塾」開設(産経新聞)
<帯広市長選>元投資運用会社役員の米沢氏が初当選 北海道(毎日新聞)
がんリハ料、医学的に「正当」なら手術未実施でも算定可(医療介護CBニュース)
外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)
posted by フジヒラ カナメ at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。